スタッフ募集★



新築部門専用webサイトにて

採用情報をアップしました。

こちら

ぜひ!



夢に向かって・・・

リライフホーム

ReLIFEHOME新築事業部 新WEBサイト★

FACEBOOKでは先行告知してますが

現在、新築事業部のウェブサイトを作成中でβ版を公開中です。




http://www.relife-home.co.jp/

リライフホーム新WEBサイト

CHECK IT!




ポイントは

WEB見積システム & ローン計画

と画像関係の充実性ですね。

(β版の今だけ、会員登録せずにお試し利用できるようになっております)




全ては、お客様が無理なローンをしてしまったり

の失敗することがないよう

よりよい新築計画を建てていただきやすくするためです。




まだ7割程度で未完成ですが

是非、お気軽にご活用して頂ければと思います。

(誤りがあったらゴメンナサイ)





そして、ローンシュミレーションしていただければお解りになりますが

今月もまた、金利がまたバカ安で

どこまでさがんの??って感じです。





家を買うには最高にハッピーな金利ですね。

高く借りている方は借り換えも検討した方がいいかもですよ!





ところで、最近リフォーム現場のブログがすっかりですが

本日より、数カ月掛かるリノベーションが着工しました。





やがては、この”WEB見積システム”と

例えば、オール電化や太陽光や断熱窓などを入れると

暮らしや家計が幸せになる訳ですが

その辺の”ライフシュミレーション”的な解りやすさの

システムを”リフォーム事業部”に取り込めれば!

と思います。




なかなか難しそうですがね・・・

アドバイスがあればよろしくお願いします。




パナソニック わが家見なおし隊
リライフホーム

By 株式会社リライフのはら

家造りで損しないように知っておいてほしいこと★





いよいよ、LOAFER回廊タイプ×ReLIFEHOME仕様が

今月末に上棟となります。




■基礎工事と先行配管工事が終わりました。




■お施主様のご要望により、北道路に面する排水枡の存在感。ビジュアル観により、排水もヘッダー工法を採用しております。




■玄関タイルなどの床断熱が出来な部分への基礎断熱もしっかりとしております。もちろん浴室にも。気密処理という工夫をしながら!




■建物が頑丈でも基礎から外れてしまっては意味が無い。阪神淡路大震災では多くの家が基礎と土台が外れました。
これから上棟後、基礎と躯体の接合部も是非見て頂きたい所。壁を張ってしまうと見れなくなります。







さて、家造りで損しないように知っておいてほしいこと

前置きはこちらのブログをお読み下さい。





私が思うに重要なことは、

しっかりと次世代基準にて設計されていることが前提で、

それはメーカーにしっかりお任せし、

我々現場は、そのマニュアルがしっかり見れること。

マニュアルに沿って、新たな技術に取組むストイックさがあること。

イコールいい家を造ろうとする意識だと思います。




他にも、マナーがいいこととか、沢山ありますがここでは技術というカテゴリーに絞ります。




次世代基準と言うところでは、つい先日省エネルギー技術講習会に参加してきましたが

要は、取り巻く原発問題を含めたエネルギー環境において

これからの良い家の基準には、断熱とエネルギーを使わない優れた設計と施工が不可欠であり、

でも現状は、設計はよくとも現場がこれを理解していないからダメなんでしょ!?

と言った施工スキルアップ講習及び資格制度的なものです。




これらの講習を基準とすると、BinOやFREEQでは、設計趣旨説明も含めて既にマニュアル化されており

それは講習会の内容以上の施工方法と品質であり、

とても完成された商品であることを再認識しました。




逆に言えば、これらを優れた基準にしていったら「LOAFER」「COVACO」が出来た!

と言っても過言ではありません。




なるほど。いいものは売れる訳です。




余談ですが、神社仏閣を造るには、宮大工。

最高の木材を使いながら、例えば年輪や木そのものの特徴を見ながら、

癖や反りも考えてこの柱はこっちが南で育った木だからこう向ける!とか現場での経験と熟練の勘と材木品質で1000年持たせる!

というプライドや建築技術で、宮大工と言うカタチで昔から日本にはありますよね。




しかし、自宅を建てる時宮大工さん呼べますか?




宮大工と言わずとも、昔ながらの和室が造れる大工さんて何年位の経験が必要かご存知でしょうか?




今時の建築物では、和室も少なく これらの技術があまり必要とされることなく、ハウスメーカーが住宅を工業製品化することで、

これまでは30年経ったら建て替えるのが実情の建築技術&品質。


 

そんな流れの中に埋もれた、”いい加減な住宅”というものをリフォームという特殊な側面から散々見てきました。

それら”いい加減な住宅たち”を目の当たりにし、これでは・・・と私が新築を始めたキッカケになっているのですが

この様な社会の中で今日の建築業が成り立っていて、




皆様は、生きて行くために必要な住まい ”家” を国策により買わされていた訳です。




そんな中、311が起きエネルキー問題に直面し、世の中が変化し始めましが、

日本はこれからも変わらぬ地震大国であるという現実を抱え

311以降、エネルギー問題はさておいても

あれだけの地震を経験しながらも、自分の家が地震に対してのどれほどの建物なのか?

そのほとんどが不明確です。




今建てている街中の新築住宅で、耐震等級という、地震への成績が数値化されている家がどれほどあるでしょうか?

私共の建てているこのLOAFERという商品は、最高等級の耐震等級3です。とハッキリ言える事も強みですが

(耐震等級3とは、阪神淡路大震災の1.5倍のエネルギーの地震が来ても安心の建物であり
耐震等級2以上であればいい家をいい家の証しを申請できます)




この安心感が、ワンランク上の木造住宅をLOAFERの様に規格化することにより、

施主様への大きな費用負担にならず可能となります。




そんなわかりやすい”安心で価値のある家”は なかなか壊しませんよね?




それがこれからのいい家であり、言葉を変えると長期優良住宅であり、

価値あるいい家を皆様に残してもらい、国の資産とし、住まいに関する費用の生活負担をこれまでより大幅に圧縮し、

子や孫の代まで、皆さんが豊かに生きて行けることで

人口が減り、高齢化が加速していく中でも、国を衰退させないことが国の狙いでもあります。




坪いくら?建築条件付?断熱やデザイン、住宅設備の目先のスペック比較も重要ですが、

それ以前にもっと重要な事は、人生最大の買い物がどれだけ安心であり、

その安心がどれだけ価値のある家なのか?




建てたら終わり。ではなく、建ててからメンテナンスも含めどう住まうか?

も非常に重要ですので、一緒にお伝えして行ければと思います。




 
例え建物が頑丈でも、土台と基礎が離れてしまっては意味がありません。地盤対策もしかりです。


 

もし私が新築工事ばかりでメンテナンススキルがなければ、どれだけいい家を建てても長持ちさせることが出来ませんし、

メンテナンスのご提案もおろそかにもなります。




これまでの住宅のリフォームなどではこの限りではありませんが、

今ある家をどう良くするか?を考えて行く事もこれから建築に携わる者の宿命でもあります。

そんなわけで来週、またまた泊まり出張でご迷惑おかけします。




「BinO FREEQ建築プロ集団集結会議」

に参加して、皆様により良い家をご提供できるように頑張ります!

全国のBinO FREEQ加盟店共々もあわせてよろしくお願いします。



リライフホーム
株式会社リライフのはら
0120-44-9674




木の家の話★

BinOオフィシャルサイトのモデルハウスに

当社のモデルハウスがアップされました。

早速、WEBから地域外のお客様もご来場されました。




さて、そのモデルハウスでまたもDIYです。

合間に枕木を塗ってます。




 


 
こいつは、カインズホームで買った杉の枕木です。

 
地ベタに置くため、腐りやすそうなので防腐剤入りの塗料で塗ります。



 
さて、今度は何を作るのでしょうか?


それはさておき


木の話。



 
ポスト門柱に使った枕木は、

 
AUS産ユーカリ系の防腐剤無しでも腐りに強い枕木です。







なのでなんも塗ってません。

 
せっかくなのでこの機会に、耐久性の違いをみようと思います。




ちなみにお客様には、ウッドデッキの耐久性やメンテについてよく聞かれます。


メーカー曰く、BinOやFREEQのウッドデッキは、


あの厳島神社や、出雲大社の過酷な使用状況で


使われている安心の材木で、

 
割れ、反り、腐りに

 
非常に強い杉材との事です。






 

その前はBinOやFREEQでは、ヒノキ風呂でもお馴染みの

水に強いヒノキ材でした。



そのヒノキよりも高耐久で、尚且つ国産品にこだわり、


バラつきのない安定供給にも優れている材料です。




どちらも、花粉症でおなじみの杉の木なのですが


これらは、価格も含めえらく違うものです!









ご存知かと思いますが、ホームセンターの材木品質に過度の期待は禁物です。


でも、ホームセンターで十分な場合も多々あります。




BinOやFREEQの大切な顔であるウッドデッキでは、


ホームセンターで買ってくる2×4のSPF材とは比較にならない代物と思います。


なのでご安心下さい。




■ここが一番肝心です。小口もしっかり塗りましょう!

 


でもやはり手入れは必要です。

 
やったこと無い人には億劫かと思いますが、慣れていただければ簡単な作業です。




ちゃんと教えたらこの子にも出来ます。笑








■我が子3歳




この1塗り撥水効果でもだいぶ変わるはずです!


弾かなくなったら塗替えの目安時期!

一部BinOの商品は、外壁も杉板材ですが、これがもし傷んでしまっても、


100年経っても無くならない建材だと私は思います。



以上、木のお話でした。



DIYの続きはこちらのブログにて




リライフホーム

株式会社リライフのはら




Mr.BinOストーリー&NEWブランド誕生★

Mr.BinOストーリー



これまでリフォーム屋として、

数々の家の裏側を見てきちゃいました。



積●ハウスから建売まで、

それはそれは幅広いです。



そんな中からいろいろな想いが芽生え、

リフォームではお値打ちながらも優良工事!

をすることを目指しながら



知人のススメでBinOを知り、

BinOコンセプトを知れば知る程

BinOファンになり、



そしてFREEQ が登場して決意し、

当社でBinO・FREEQを取扱を始め、

建てるならこんな家!って想いで

自宅もBinOで建てました。



新築はもとより、

リフォームやリノベーションも

BinOのコンセプトがうまく伝わったら何よりですが、




この度、

”BinO”ブランド

”FREEQHOMES”ブランド

に続き

新たなブランドが登場しました。



その名も

『AzitO』ブランド



そして大きく3タイプ

・CABIN (22〜26坪)

・GARAGE (12〜24坪)

・COCKPIT (3〜15坪)




後悔のない人生を。

”No Regret Life”


AzitO  CABIN誕生(アジト)







カッコいい!



個人的には、GARAGEを庭に並べたいっすね!


詳細はまだ控えますが、やはり概念の枠を超えています。

これもワクワクしますねぇ







かたや、20年で価値0円(資産に残らないこれまでの家)

築30年で壊すこれまでの家。



そんなつもりはなくとも、

誰(どの建築会社)から買うかで決まってしまうこの悲しい現実。



この現実がこれまでの常識。



あなたの建てようとしている家の

『20年後の建物資産価値』は

どれほどなのかが、

わらないまま家を買ってしまっては…



BinOは20年後の資産価値

明確にわかるようになりました!



これからもチョット違う当社にご期待下さいませ!


明日は、Mr.BinOマン目指して芝張りに伴う下地作りでも頑張ります!





リライフホーム
螢螢薀ぅ佞里呂
0120-44-9674
フリーダイヤル しあわせ くろうなし



回廊タイプLOAFER 基礎着工★

昨日より、古河市にて
平屋+αのLOAFERの基礎工事が始まりました。












この建物はお施主様に、
『私がLOAFER建てるならこーする!』
て間取りプランを、
ありがたいことにお施主様にやらせていただきます。



ちなみに、このタイプは家事動線と収納と将来性において、
私が思うに1番イイじゃん!
て感じの図面で、リライフ仕様として準備してましたが、


なんと!
新たにFREEQの追加プランとして、
ラインナップされました。











やっぱり、イイものはイイのですね。



私には見えます!(予知夢)
このお家の繋がった動線で、
子供がノビノビと、親もワクワクの家で
感性豊かに成長する様子が!・・・笑



加えて、リライフホームオリジナルの
12KW太陽光+”HEMS & 蓄電池”
も導入予定です。



今のアパート生活を続けるよりも金銭的にもハッピーで、
住んでからも人生が豊かになれる家が
いよいよ古河市に上陸します!


ここのブログからお読みになられた方は
なんのこっちゃわからないと思いますが、


こちらの私の家造りのブログもご参考になれば幸いです。



リライフホーム
株式会社リライフのはら
FREEQHOMES取扱店
0120-44-9674
(フリーダイヤル しあわせ くろうなし)

iPhoneから送信



新LOAFERとお盆休み

お盆休みのお知らせ と 後半戦


誠に勝手ながら、弊社13日より17日まで夏期休業となります。

何卒よろしくお願いします。




8/18(月)より通常通り営業しますが、

リフォーム ・新築 と夏後半も走り抜きます!




さて最近では、弊社取扱の 

平屋+α の新築 LOAFER 

の新たな間取を、長野県のアクロスホームさんの建てた

新 土間LOAFER の視察に行きました。









この土間タイプの他、

LOAFERに もう一つプラン が増えたのですが、

先日、九州は長崎県の視察に行った際、私がめちゃくちゃ気に入った間取りの

回廊タイプのLOAFER

が、新たに商品化されました。



どちらも素敵で収納の多さと、生活動線がよくオススメです!



こちらの回廊タイプは、今月8月末より弊社の近隣にて建築開始の予定です。



土間はちょっと…って方には回廊もオススメです。




そして本日、宇都宮のネキストホームさんのモデルハウスに、

弊社のお客様をお連れさせていただき真岡に行きましたが、

やっぱり、平屋のCOVACOは何度観ても素敵です。







昨日もCOVACOの問合せが来ました。



私どもも、これらすばらしい先輩達の会社を見習い、

今後更なる進化を目指し頑張ります!



よろしくお願いします。



PS.
実は、もう一つLOAFERの新たな商品がありました。

例えば、今住んでいる親御さんの敷地に建てるタイプです。

土地が広く、敷地内に建てようか?

って検討中の方は、是非お問い合わせくださいね。



茨城県古河市にて
FREEQHOMES取扱店
リライフホーム
螢螢薀ぅ佞里呂
0120-44-9674



新築1ヶ月点検★







新築事業部 リライフホーム

LOAFERちゃんの 1ヶ月点検でした。



新築させていただいた隣で、もう長ーい事造成工事してて、毎日揺れまくりなので

クロスの割れとか心配でしたが、問題ありませんでした。





しかし、なんと言っても太陽光ですね!



梅雨空の7月の売電が11万円オーバー!(しかも28日間)







なんじゃそりゃ???


って感じでしょ?笑







通常、月8〜10万円の住宅ローンを軽ーく上回ります。



しかもこれが20年間!



売電総額は、2500万円を超えることでしょう。



と、言うことは 建物は軽くチャラです。



新築、リフォーム問わず、気になる方はご相談くださいね。






リライフホームのBinO WAVEモデルハウスも、無事12.0KWの太陽光発電システム工事が完了しました。



こちらは 月45,000円程売電出来るのではないかと…



さらに、5KW蓄電池で4〜5,000円。

併せて5万円弱の入金が20年間!



発電が楽しみです!










ちなみにこのおいしい話は、去年から動いて計画してた方の金額なので、やりたいなら今しかないですよ!

来年動き出したらでは遅いです



住宅ローンアドバイザー的には、金利も心配ですが…









iPhoneから送信



カルチャーショック★




毎度のことながら

久しぶりのブログです。

なのでちょっとウザいやつ行きます。笑









私は、特にビンテージ嗜好とか

アンティーク好き

レトロ好き。

と言うわけではありませんが





先日遊びに行ったジョンソンタウンにて

築60年の建物が

こんなにも愛おしい!とは




ある意味ショックです。








やっぱアメリカすげぇ!笑




日本の住宅では、寺や神社を除いて、

これだけの住宅街お目にかかることが少ない・・・





しかし、アメリカやイギリスでは

家を100年持たせるのは当たり前で

本国行けばごく普通の風景かと(※日本の家の建替え平均は30年)





家を長く持たせることで

日本のように莫大な住宅ローンを背負うこともないので




例えば、年収400万円でもクルーザーや

別荘
を持って

ワクワクする人生を送ることも可能だったりすることをご存知ですか?









私は、つい先日まで知りませんでした。





やはり大人になったら家庭を持って、

それなりに所得を得たら

家を持つ!





リフォーム屋なので

中古のリフォームでもいいけど願わくば新築!

って思ってました。





これは、誰に教わることなく。





実際日本では、

残念ながらアメリカやイギリスの様な

この感覚が少なく

家が古くなる(傷んでくる)≒新築・建替え=莫大な借金を背負う

って。(クルーザーや別荘はお金持ちのすること・・・)




しかし、ここ米軍ハウス(跡地)は

古いもので築60年

で家としての性能はどうかと思いますが

(隣接する平成ハウスは平成に入って造られたそのレプリカは全室床暖充実設備











ここに住んでいる!と言うポリシーや

感性を含めた人生観の満足度

ここで生活するもの以外にはわからない領域かと思います。





お隣さんとの間に、高い塀なんてものはありません。





そしてこれらの建物は全て賃貸らしく

メンテナンスとデザイナーがしっかりと付いているとの事。
(持たせるためにはこれが重要)





だから当然家が長持ちする。





そして私のように、そこに遊びに訪れる者は、

ここで過ごす時間が、

とてもスローに流れるこの感じを味わえる・・・





この辺も、今の日本に欠けているものの様な気がします・・・





ただこの街並みを嗜むだけでなく





これに、私達が造る

今時の『長期優良住宅型リフォーム』



『長期優良住宅』 と言った、





快適で、家を長持ちさせる!

というひとつのルールを織り交ぜ




これから私達の造る家が

60年後、

こんな形で愛される家で残ってくれていると

すごく嬉しい
と思います。




ここ日本では、新築のルールが変わってきて

国はアメリカやイギリスの様に

家は長く持たせる

という風に方針転換しました。←つい最近の話です

(これまでは建替の方針でしたので我々はその感覚だったのです)




そしてそうした方が、何より国の資産として残る!

と国が気付いたからです。




これまでのように、

25年や30年で価値が無くなってしまう家では

時間の経過と共に、

価値が無い=解体=国の資産としても残らない=国際競争力に負ける





となってしまいますからね。当然かと思います。





同時に、

温暖化による異常気象や

深刻なエネルギー問題によって

2020年(あと5,6年)には住宅を建てる基準が大きく変わります。




すると、今のような感じで新築を建てる事が出来なくなる。




なので中古(住宅・マンション)を買う



どんな中古を買ったら安心なのかわからない

新品・新築がなんだかんだ最高だと思っている!




と言うことが、ジョンソンタウンの米軍ハウスを見ると

大きな間違いだったことに気付かされたような気がします。







だとすると、

今の日本の住宅の新建材がどれほどお粗末なものか・・・




愚かなモノはもうひとつ。

今の不動産情報です。

これは別に、不動産屋さんの悪口ではありません。

流通システムの問題です。




車は、定期的な車検こそあるものの

中古車を買う時、『程度』ってものがあります。

それは、その人その人で使い方が違うから

程度に応じて価格も違う。

て事ですよね。




これを住宅に置き換えると?

定期的な検査 は

これまでほとんど存在してませんでした。




もし、あってもそれは独自のルールのもの。

車検は違います。




それらを見習って、

今後新たに当たり前となる

ホームインスペクター(住宅検査)制度であり




そもそも長く持たせるための住宅の定期点検。

住宅履歴制度(国交省管轄)




と言うものがしっかりと整備され

不動産購入時の情報の

今後の常識となります。




そうすると不動産情報も解り易くなり

これなら安心して買える!となる訳です。




人口の減る日本で、

経済成長や収入が増えることが無さそう・・・

てうすうす気付いておられるならば

これからの時代は

1代1代がそれぞれ家を持つために

そのために家族バラバラに一生懸命働く

と言ったことが無いよう




人生をもっと豊かなモノにすべく

これまでの常識が非常識になるのではないかと思います。




ただし、今安心して買える中古住宅の不動産は多くなく

結局は新築。。。

そして、ローコスト。




ならば、今できる事は

自分の子や孫が住めるよう

大事に管理して行くこと。

時間が経っても愛せる家を造ること!




それをいち早く情報発信して伝えて行くことが

私たちの仕事

お先まっくらな建築業界ですが

今、私は一番やりがいを感じています。




多分これを読んでも伝わらないことだと思うので

ジョンソンタウンに是非!




一歩出ると埼玉県。

一歩入るとアメリカ。




そしてそれらは、

私達の取扱う、COVACO と言う商品を見ているようでした。








そんな コバコ

もちろん長期優良住宅で

3年に1度のホームインスペクション(住宅検査)が付いています。




http://www.freeq.jp/EXAMPLE/covaconatu.html




モデル造ろうかな!?

でも、日本はこんな感じにはならないだろうな?

おしゃれさんには是非!





リライフホーム By 株式会社リライフのはら




LOAFER特別仕様★設計契約★

今日は、お客様の土地契約に不動産屋さんに同行させていただき、

その後、LOAFERの設計契約をいただきました。



 
LOAFER4540S × ReLIFE HOME仕様 です。




 
実は、先日の九州で視察したLOAFERを参考に、すごくイイ間取りです!
 
それを狙いすましたかのようなすっぽりの土地で、角地ながらまぁまぁの価格!


 
やはり建てたい建物(間取り)としっかりとした資金計画で予算を決めて土地探しが、家造り成功への近道となりますね
 
ReLIFE仕様なので、もちろん計画では、太陽光は20年間高価買取の10kw以上でアパートの家賃よりもお得に!?


 


 
LOAFERやBinO
あわせて土地をお探しになられたい方も、是非お気軽にご相談下さい。



BinO/FREEQHOMES 古河
リライフホーム
0120-44-9674

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM