来週もセミナーです★

今週の雨の影響で、外仕事の現場の工程がずれ


お客様、職人さんには大変ご迷惑をお掛けしています。


一年の内で、テラスやサンルーム工事が一番多い時期ですが


メーカーも対応がパンク気味との事です。





さてさて、そんな中、昨日も今日も


先週も先々週も


ご新規やリピーター、ご紹介のお客様がお見えになります。




消費税増税の原因とあると思いますが


認知度も信用も、徐々に上がってきたみたいで、非常にありがたいです。




最近、チラシも入れてませんが、 


チラシを入れずともお仕事が頂けるという事は


経費がかからないその分、お安く提供できるというものです。




新築部、リフォーム部共


早くそのスタイルを確立させ、街一番となり、


お客様の為になればと思います。




そんな中、国の減税政策や補助金政策が 複雑化 してきています。


積極的にセミナー参加など、頑張っている工務店でないと


もはや世の中の建築に付いて行けなくなるのではないでしょうか?




ボロがキレイになればいい!リフォームと


年齢や家族構成のライフスタイル変化に対応させ、


さらには、貯蓄の切り崩し+年金生活になっても


ランニングコストが苦しくないようにと


住みよくしたいと言うリフォーム(リノベーション)と、くっきり分かれて来ています。





国は、低炭素やゼロエネルギー、長期優良住宅などを目標として


言い方変えると、


地球が温暖化になるような家は建てさせない!


申請に対する建築の許可を出さない。てきなノリになり


もっとわかりやすく言うと


太陽光載ってない家などは建ててくれるな!


と言わんばかりの時代が、すぐそこの様な気がします。


相反して、巷では超ローコスト系の分譲建売が大好評ですが、


数年後には基準の厳しくなった新築はますます高額になって建てられなくなり、


新築が手が届かなくなった結果、


二世帯住宅か中古住宅リフォームが主流となり、と


そろそろ時代の変わり目なのかもしれません。




太陽光も今年は、アパートの広い屋根や、野立て設置などの


投資目的の全量買取の産業用太陽光は


パネル納期が全くめどが立たず注文不可のメーカーもあるくらい。


情報の早い金持ちは、より金持ちへ


そして家庭用では、いよいよ、太陽光の補助金は今年で消える。


とよく耳にします。




低炭素に必要条件な断熱性能など、当社ショールームでも


手に取ってわかるようにコーナーをわずかですが整備しました。





余談ですが、


お見積と現場が徐々に追いつかなくなるような気がしています。


しかしそんなメンタルになる頃、途端にいつもペースが変わります。


ここを変えないと街一番にはなれませんね。




それから現在、私も維持費の掛からない自宅の建築を思案中です。


一応リフォームのプロですからね


使っちゃイケない建材の確認とか、


何とか太陽光10kw載らんか!?とか、支払い含めシュミレーションしています。


そんなマイホームネタは こちらのアメブロにて公開中です!








古河市のリフォーム会社なら
株式会社リライフのはら








コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM